冬の湯の花亭“本格会席”

Posted by OLIVE on 2018年12月7日 in 出来事 |

当館の個室料亭“湯の花亭”の冬の料理(12月~来年2月)の一部をご紹介いたします。

【前菜】細根大根 唐墨塗し

蟹真薯

鶏肝松風

占地胡麻和え

鯛の子

梅人参

公魚南蛮漬け

大根には煎り唐墨を塗しています。

蟹真薯はズワイ蟹と魚のすり身を合わせて蒸しています。

鶏の松風は肝を焚き上げ裏漉しし鶏の挽肉と合わせて蒸しあげたものに

ケシの実を振り焼き上げています。

 

【海老芋オランダ煮】 鱈揚げ煮 椎茸 桑麩 針柚子 霙餡

オランダ煮とは、一度油で揚げてから焚き上げる調理法です。

桑麩は群馬の特産のひとつの桑の葉を粉にして麩に入れています。

 

【米沢牛の牛鍋】牛スライス 白菜 水菜 焼麩 白滝 下仁田葱

牛肉は米沢牛を使用しています。

下仁田葱と国府白菜は群馬県の特産品です。

 

湯の花亭調理長 中村達也

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Copyright © 2007-2019 ホテル天坊 スタッフブログ All rights reserved.
Desk Mess Mirrored v1.8.3 theme from BuyNowShop.com.